泣けるぜ北熊本

150308kitakumamoto1.jpg
その、青ガエル2連の構内運転ですが、30分ヘッドの本線列車の合間を縫って、2往復×3回、計6回の撮影チャンスがあり、光線はご覧のように引きがとれる側から桜田順光、また10時の運転開始時には車体サイドにかかっていた架線の影もいつしか消え、お天道様からの晴れプレゼントを思う存分堪能させていただきました。

しかし、当初はシステム的に不可能と思われた2両連結の展示がまず実現し、さらにフィナーレはわずかな距離ながら走行シーンが正夢となり、前回ご紹介したように「渋谷」幕まで登場したのですから、熊電の中の皆さんのご努力は、並大抵のものではありませんね。字体も東急時代に忠実に、丁寧に手作りされたという「渋谷」幕は、いぬ様おっしゃるとおり、ずっと長い時間、隠してあったのが魔法みたいに出てきたのかもしれませんね~~

インターネットとSNSの発達で、こうして青ガエルを撮りながら、雨に煙る台湾・宜蘭線のCT273の美しい白煙をスマホの画面で見ることができました。やはり、ヘッドマークが付いたのか、じゃあまあ行かなくてもよかったかな。そして、こちら北熊本は、6回の構内試走がすべて無装飾で行われたことにも、熊電の中の皆さんに感謝しておきましょう。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR