南紀の守り神

141207kiitanabeC577-1.jpg
トワイライトエクスプレス追跡を御坊の手前で終了し、関空から青便で帰る某友人を御坊駅へ送ったあと、南紀白浜からのJ-AIR運航便搭乗のため、阪和道を南に、来た道を戻っていきます。終点の田辺インターで降りたところで、少し時間があるな、そうだ、あのカマに会いに行こう、と田辺市内に寄り道を決めました。

1973年、紀勢本線最後の蒸機列車、「さよならSL南紀号」を牽いたC577号機。その前年には、なぜか品川~横浜港で鉄道100年記念のイベント列車を牽いた、集煙装置を外した「煙突の短いシゴナナ」です。私自身は、紀伊田辺の前の亀山時代にハーフサイズで、また紀伊田辺のクラに佇んでいるところを撮影しています。

30年近く前のゴハチ時代も、今回のトワイライト撮影での訪問時も、いつも紀伊田辺は通過してしまうため、なかなかこのカマとの再会が果たせませんでした。このヘッドマーク、実際の牽引時とは取付位置も違えば、なぜ色褪せていないのか、ちょっと謎ですが、40年前の華やぎを今に伝えているようです。このカマは、南紀の鉄道の守り神となってるのだなあ。何だかそんなしみじみとした、南紀の旅のエピローグとなりました。




テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR