「はくたか」と北越急行の行方

141107tsubata-kurikara1.jpg
「ミドリムシ」みたいに蔑んだわけではありませんが、ついこの前まではどうでもよかった、シャッターも押さなかった「はくたか」の681系にも、最近はちゃんとシャッターを押すようになりました。いやあ、こうしてみると、なかなかのデザインですね。なくなるとなれば、こればっかり(爆)

来春の「はくたか」の廃止後、北越急行の行方が心配でした。基金が貯まっているのでしばらくは大丈夫、という話でしたが、食いつぶすわけにもいかないでしょう……と思ってたところで、へえ~、そんな発想があるのか、と、昨日、ネットのニュースで見て、驚きました。いやはや、頭はひねるものです。大いに見習わなければ、と思います。

脇野田あらため上越妙高駅は高田エリアからのアクセスは良いものの、各停タイプの新幹線しか停車せず、同じ上越市内でも直江津には接続時間を含めて、決して大幅な時間短縮になりそうにはない。そこで、越後湯沢~直江津に現在の「はくたか」と変わらない所要時間の快速を運転し、直江津周辺の乗客需要に応えようとするプランがあるそうです。

まだ決定ではないようですが、最高速度が高く設定できる北越急行ならではのグッドアイデアですね。この際、485系を購入していただいて、というのは無理にしても(笑)、短編成の681系なんて言うのも面白そうだし、沿線にくびき野レールパークも抱えるほくほく線が、来春以降も鉄の関心も引き続けることになれば、それは素晴らしいことだと思うのです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR