きっぷうりば

141011wakinoda-snap1.jpg
直江津でレンタカーを返して、これまた名残りの「はくたか」で帰ろうとすると、車両故障で運転打ち切り、1時間後の続行に振替となり、何のために急いで返却したのやら(笑)……だからというわけではありませんが、ブログのエントリーは、もう1回だけ、お名残り尽きない脇野田駅に戻りたいと思います。

この日(10/11)、駅舎全体はイベント準備でとても記録できるような状態でなかったので、部分部分を切り取れないか、ファインダーをあれこれ覗きながら、スナップしました。待合室の子供の絵なんかもいいけれど、地元の人たちがいっぱいで上手く撮れず、、、ふと振り向くと、古風にせり出した出札口に、改札からの外光が差し込んでいました。

ひらがなで、きっぷうりば。いいなあ。昔はきっぷ売ってた駅員氏が、時間になると改札掛に変身したのでしょう。左の、今は壁で覆われてしまったところは、おそらく荷物の受付窓口だったのでしょうね。ガキ鉄の頃、均一周遊券でこういう駅に降りて、リュック預けてから、カメラバック片手に、駅間を歩いて行ったなあ。。。

国鉄がJRになって四半世紀が経ち、こうした駅舎の匂いは、ここ10年ぐらいで、急激になくなってしまいました。ガラス窓の中央の丸い穴開きの会話窓(?!)も、いちばん下の、お金ときっぷをやり取りする横長開きのスペースも、すっかり見かけなくなりましたね。賑やかなカウントダウンの準備の中で、一瞬、時間が止まったように思えました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

懐かしい駅窓口の景色ですね。
今では、ほとんどが自動販売機です。
窓口業務は、みどりの窓口などのカウンタータイプ

このような窓口は、最近見ることがありません。

(^0^)

RE:脇野田

EXTRAさん
仰る通り、こうした出札窓口は急激に姿を消したようです。マイクが付いていたのもあったなあ。今はオープンな窓口が自販機ばかりで、この雰囲気、たまらなく懐かしいですね。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR