落日10数分後~鯨波

140921kujiranami3375M.jpg
百間町でしみじみ夕方の撮影終了、あとは長岡でクルマを返して、新幹線でチューハイかな、と思いきや、同じように百間町に駆けつけた友人は、再び、信越線に戻って、T18を撮って行くと言います。そうか、新井ですぐ折り返してくるから、米山や鯨波でちょうどトワイライトタイムの通過になるのか……!

撮って行きましょう。こんな機会でもなければ、夕陽の日本海と国鉄色なんて、二度と撮らないでしょう。鯨波の定番アングルに落ち着いて、沈みゆく夕陽と海面への反射を見ているだけの待ち時間、しみじみとよかったなあ。しかし、せめてもう2週間、早く来ていれば、まさに落日のタイミングで撮れたのですね。残念ながら夕日が雲の中、そして水平線の向こうに消えて10数分経ってから、T18編成がカーブの向こうに姿を現わしました。

そして、その数分前に姿を現わしたのは、あの知る人ぞ知る、知らない人は知らない(爆)、ジャパン・レガシィを操る、追っかけプロのKさん! 聞くと、脇野田から追っかけてきたそうで、そうだよなあ、考えてみれば、このあたりは長野からけっこう近いのだよなあ。やはり、紀勢線で噂したとき、クシャミしていたのでしょうか(笑)写真はちょっと中途半端な夕景になってしまいましたが、相変わらずの笑顔の旧友との邂逅は、秋の一日を、しみじみと締めくくってくれたのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR