28年ぶりに、南紀へ

851025shingu921023.jpg
三連休初日の土曜日(9/13)の夕方、J-AIR運航JL1385便で、南紀白浜空港に降り立ちました。前に一度だけ、この空港から羽田に帰ったときは、まだJASだったなあ。そうか、そのときのイゴマル白浜入線からもう10年以上、白浜からさらに行くのはゴハチの定期列車時代だから何と28年ぶりか、、、そんなことをぼんやり考えながら、白浜駅で陸路でやってきた友人をピックアップ、レンタカーで熊野古道をかすめながら、新宮へ向かいました。

直前に予約したビジネスホテルは、ちょうど新宮の駅の外れの踏切を渡ったところにありました。おお! 踏切から見る駅の構内の配線や、2つのホームが薄暗い中に浮かび上がる雰囲気は、まったく昔と変わっていません。そうそう、駅本屋の反対の側線に運転区があって、キハ82や夜行を牽くゴハチが停まっていたなあ、と思いながら目を凝らすと、この日もそこには国鉄色もどきのキハが停まっていて、何だか嬉しくなりました。

踏切からすぐの居酒屋で、明日のトワイライトエクスプレス迎撃の作戦会議。ゴハチの最後の頃は、夜行列車も「はやたま」という愛称はなくなって、ただの921レ~924レだったなあ、とか、この紀勢線の長距離でも長野のKさんと一緒の追っかけは凄かったなあ、などと話しているうちに、友人は、この駅で駅寝したことを思い出す始末(笑) 熊野灘の魚を堪能して宿への帰り道、新宮の駅前にはコンビニもなく、もうすぐ天王寺への夜行列車が発車するのでは、という錯覚に襲われたのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

夜の帳に包まれたホームに、12系編成を従えて佇むEF58…天102?何だろう?団体専用?そう言えばさっきからもう何本もこんな列車発着してるなぁ~…と、徳山駅3番ホームに長時間停車中の80系下りローカル列車の車内から反対側上り1番ホームに次々と発着する列車を眺めていたあの頃…(後に知ったのですがそれは天理教の大きなお祭りがあって各地から信者達の団臨が天理目指して運転されていたとのこと)。
何だかその風情を思い出してしまいました。しかし画面奥のヨ8000が「その時代じゃないよ」と訴えてくれます(^^);
(しかしそのヨ8000も意外に早くその職を失い多くはまだ若いまま天に召されました…)
お写真のカマは39号機でしょうか?確か同機は長く関転にいたかと…竜華のカマは豚鼻ライトが惜しまれましたがカーブも多い紀勢本線には切実だったのでしょうね。
(胆振線・瀬棚線を主な活躍場所としていた79616・79618などがついついオーバーラップしてしまいました)

RE;南紀

青列車さん
39号機は、シールドビーム2灯ながら、ツララ切り付きで、けっこう人気がありましたね。夜の新宮に待機する姿を、つい昨日のことのように思い出します。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR