遠鉄奥山線発車

140824nakayoshi8.jpg
先週末の日曜日(8/24)は、尾小屋鉄道の軽便車両を動態保存する、粟津の「なかよし鉄道」の、年に2回の大運動会、すなわち4両連結運転の日でした。今回、そこに加わったのが、日頃は尾小屋鉱山跡の展示館で20mの距離を往復しているキハ3で、「なつかしの尾小屋鉄道を守る会」の皆さんの献身的なご努力で、何と、尾小屋の前に所属した遠州鉄道奥山線時代の姿に復元のうえ、なかよし鉄道に移送して運転されたのです。

このキハが遠鉄から尾小屋にやってきたのが、ちょうど50年前の1964年ですから、1回目の(笑)東京オリンピックの年になります。キハ3としての姿を、廃止直前の時期に撮ったことがありますが、「3」の切り文字は遠鉄時代そのままに残されていたなんて、40年後の今日まで知りませんでした。デッキのない、どちらかというと新しめの、ひょうきんな顔した気動車だなあ、というのが、ナローにギリギリ間に合った、ガキ鉄の印象でした。

とにかく試運転に間に合わなければ、と朝イチの赤便で小松空港に到着後、青便で到着した友人と、タクシーを奮発しました。ひと目見るなり、いやあ、まいったなあ、素晴らしい! その昔のそのまた昔、日本の各地の軽便鉄道には、こうした渋い色合いの車両が走っていたのでしょうね。いつもの20倍の距離を走る晴れ舞台に向けて、排気煙を棚引かせながら、慎重に試運転が始まりました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR