正調DLやまぐち号

140721watarigawa-chomonkyo9.jpg
何だか今年は夏に入ってから、動態保存蒸機の受難が続いています。釧網線を除く北海道の蒸気イベント列車の休止発表から始まって、磐西は自然災害で津川折り返し、大井川のトーマスはみんな喜んでるからまあいいとして(笑)、やまぐちのシゴナナは運転2週目で不調に見舞われ、あえなく降板となりました。

で、走り始めたのが、正調DLやまぐち号。正確には臨時快速ですが、DD511043号機がヘッドマークなしで地福折り返しの往復を牽引するという、これはこれで素晴らしい編成が実現しました。先代844号機の時にはこの編成を撮ったことがありますが、1043号機に代わってから、マークなしはまだ未撮影で、梅雨明け寸前の三連休最終日(7/21)、勇躍出撃となりました。

晴れたり曇ったりの往路に比べて、復路は徐々に夕陽の色を帯びながら、素晴らしい光線の下、DDの客レという、世にも貴重なアイテムを堪能することができました。まず最初はお約束の渡川国道俯瞰、赤いDDと茶色の客車が、すっかりニッポンの箱庭におさまっています。折り返しの合間に、すっかり変貌した白井の様子も見てきましたが、シゴナナの復帰を待つ間、正調DLやまぐち号の力走に、精いっぱいの拍手を送りたいと思います。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

正調SL牽引ではここは絶気運転で殆ど煙を吐かず物足りないカットになるものですが、そこは煙は関係ない近代動力車(もっとも内燃車ですから排気は皆無ではありませんが)、如何にも日本の原風景的な景色の中でも見事に絵になりますね。
それにしても…7年位前初めて此処で撮影した時には「同業者」に出会う事は無かったのですが今やここは「お立ち台」の1つですね。ただ、足場が狭く背後は交通量も多い幹線国道、それも速度制限のない区間(一応法定速度は時速60キロですが…)で大型車も結構飛ばして走るだけに撮影には細心の注意を持って臨んでいただきたいところです。

RE:渡川

青列車さん
このアングルは、いかにも日本の箱庭という感じで、私も大好きです。今回の撮影者は10名に満たず、のんびり撮影することができました。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR