彩繪普悠瑪

140704umibata-sekiyama5402.jpg
再び、台東線随一撮影地点、海端陸橋に戻って、7時前の玉里始発のDR2700から、10時過ぎの彩繪普悠瑪、すなわち限定ラッピングのプユマ号まで、撮影を続けました。この日本製の振り子式最新電車特急は、豊川から名古屋港へ続々甲種輸送され、三河大塚のカーブを行く写真が雑誌やネットを賑わせたのも、記憶に新しいところです。

もう30度を越えているでしょうか。灼熱の太陽が照りつける陸橋上に、プユマ通過が近くなると、三々五々、台湾の鉄路迷な皆さんが集まってきます。道行くクルマも何事かと路肩に停車して、プユマ、それもラッピング車が来ると聞くと、やおらスマホで撮影の準備に入っています。もはや、人気の中心はDRではなく、最新鋭プユマ号なんですね。

Yプロが先日、上手いことを仰ってました。台湾の東部幹線は日豊本線で、西部幹線=鹿児島本線より遅れていま、電化前夜を迎えているのだと。なるほど、思い出すなあ、まだ煙の上がる宮崎駅に、すべるように入ってきた485系の試運転列車。。。

陸橋上のバリ鉄だけでなく、沿線のあちこちで、プユマ通過寸前になると踏切に集まってくる、地元の人たちを見かけました。すでに電化開業の記念式典も終わり、あとはダイヤ改正まで、暫定的に旧車両が最後の活躍を見せている、という、いわばEF58→EF62置換時みたいなものでしょうか(笑)電車や電機の試運転映像も、すでにネット上にたくさん出回っています。あとは、電機牽引の客車あたりをぜひ見届けたいと思いながら、陸橋を撤収、玉里方面に向かいました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR