旧客と駅弁と温泉と

140606sekiyama-snap1.jpg
さて、電化前夜の台湾・台東線に時計の針を10日ばかり戻すことにいたしましょう。今回(6/6)は、初めて台北松山から空路で台東入り、笑顔で再会となった黄先生の計程車に出迎えていただき、結局、昨秋からずっと継続している旧客代走の普快車を追いながら、途中、自強号待避で小休止の関山に至りました。

自強号到着まであと数分、ホームで客車をいろいろスナップしていると、段ボールで風情はありませんが、駅弁を抱えた青年が地下道を渡ってホームに現われました。駅弁の博物館まである池上を筆頭に、花東線のこのあたりは、主要駅で駅弁がホーム売りもされています。そういえば、最近は某一般誌の鉄道特集に、台湾駅弁の旅、なんていうのも出ていました。私自身は池上と玉里は実食済みですが、ここ関山の駅弁はまだ食べてないなあ。

そして、韓国に代わってどうやら今年は台湾がキテいるみたいで、今日、書店では中年男性向け情報誌で「台湾温泉特集」を見かけましたし、某社女性週刊誌でも、近々、本格的な台湾特集があるそうな(笑)北部の北投あたりと並んで、温泉も実はこのあたりが密集地帯で、日本統治時代からの渋い木造の宿も残っているようです。翌日の早朝鉄を考えると、なかなか温泉泊りとシャレこめないのが、最後まで残念なことになりそうですなあ。。。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR