台湾シゴナナ

140607shoka2.jpg
昨日(6/9)の台湾鉄路節、彰化は梅雨の時期には珍しい晴れ渡った天気に恵まれたようです。その空の下、台湾のシゴナナこと、CT273号機が復活運転、いやあ、行きたかったなあ。前日まで彰化にいたのですからなおさらですが、週明けは休めません。またの機会を楽しみに待つことにいたしましょう。

直前まで何があるかわからないのが台湾の鉄路節、もしかしたら復活運転前日にどこかの駅で展示イベントがあるかも?と、電化直前の台東線撮影を兼ねて、週末、2泊3日で訪台と相成りました。結果、シゴナナは他にイベント出動もなく、彰化の庫で、こうして待機中の顔をスナップするのにとどまりました。

それにしても、カウキャッチャー付きのシゴナナ、微妙に日本とは違うという感じがして、いいですね。それでいて、こうして蒸機3輌が並んでいるのを見ると、大昔の梅小路みたいで、嬉しくなります。さながらCK124は入換用のC1196、CK101はj浜大津の入換から引退したハチロクでしょうか。そうだ、初めて梅小路に行った雨の日は、シゴナナは39号機が顔を出していたなあ。。。

クラの正面向かって左が、現役蒸機の修繕&ネグラになっているのも、現在の梅小路と変わりませんね。30数年ぶりに復活したシゴナナ、煙突がオリジナルより太いのでは?という指摘もありましたが、次回、走行を撮る機会があれば、しっかり確認させていただきましょう。それにしても、行きたかったなあ。梅雨空の合間の、パシフィックの力走。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR