旧一畑電鉄色


宍道湖に沿って松江に向かう北松江線には、その日(6/5)、同じ元・京王5000系リバイバルカラーでも、旧一畑電鉄色が運用されていました。風光明媚なところを走りながら、ほとんどの区間で国道が線路と湖水の間を並走し、なかなか走行写真の撮りずらい路線のようです。

その中で、ほとんど唯一の有名シチサン撮影地、長江駅近くの井上用水路沿いも、小雨に煙っていました。やがてやって来た旧一畑電鉄色、おお、これは渋い! 京王5000のフォルムとのバランスはさておき、そうだよなあ、昔、雑誌で見た一畑の電車、西武からの譲渡車とかは、みんなこの色だよなあ、と嬉しくなります。

ガキ鉄の時代、たまに買ってきたピクトリアル誌には、モノクロの地方私鉄の古い電車の写真がいっぱい並んでいて、風邪で学校を休んだ日などは、この電車とこの電車はどこがちがうのか、そうか、荷物改造車なのか、などと蒲団の中で納得したものです。

小田急ロマンスカー然り、最近ではキハ28/58以外への国鉄急行色然り。四国の新幹線0系まで行くと、ちょっとやり過ぎって気もしますが、本来の姿じゃないよなあ、と文句言ってたのも忘れて(笑)、色だけのリバイバル、これまたをかし、と思い始めた、雨の一畑でした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

難題

北松江線をとるとなると、宍道湖をバックと行きたいところなのですが、どっこい国道がべったり湖側を走りますので、想像するような絵にはならないですね。
かなり、探しましたが、このポイントは見落としてます(笑)
2100系は、本来のばたでんカラーがなくなり、落ち着いた感じですきですね(笑)

No title

元々明るい地色にアクセントの帯が入ったデザインだった京王5000、一畑電鉄カラーも塗り分けは同系統なせいか案外似合います。と言うよりも元々前面貫通パノラミックウインド裾絞り…のスタイルがどんな塗装にも似合う万能デザイン(国鉄急行・近郊型電車で一目瞭然)である証と言えましょうか?
一畑電鉄…是非体験したいのですが隣県ながら中々その機会に恵まれません…orz

RE:GN

枯れ鉄さん
このポイント、ちょっと国道からの入り口がわかりにくく、私もクルマを停めてから、けっこう歩きました。とはいえ、位置特定は容易です。次回ぜひ、挑戦してください。
青列車さん
たしかに、京王5000のフォルムは、どんなカラーリングにも似合う、イマドキの先進性がありますね。残された日々、ぜひ、いい記録を残してください。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR