監視塔

140504eizan-kaeshi1.jpg
折り返しの終点駅と、対岸の追っかけ道路の間には、吊り橋があって、恐る恐る渡って、入換と停車を撮りに行きました。駅の入り口には、客車とまるで色を合わせたかのような監視塔が聳え立っています。

そう、この監視塔を写真で見たのも、最初はネット上のモノクロ写真だったでしょうか。さすが監獄鉄道、日陰のジメジメしたような場所なんだなあ、と思ったのを記憶しています。このアングルが最もハードルが高いのだろうなあ、と思った7年前が嘘のように、ズーミングを変えながら撮影している今日の自分、どこかで信じられない気分です。

入換が終わって、正向き牽引で出発するPC+カブースを、構内の端で待ち構えました。未開放時代なら、監獄の囚人たちがたくさん乗っていたのでしょう。日陰の暗さは今日も同じですが、誰も乗っていない列車のせいか、監獄鉄道のおどろおどろした感じはありません。後は返しの6kmで、日が差すことを期待しましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR