ラストコンサート~名古屋

140506atsuta5783.jpg
GWの東北桜鉄をお休みして、昨日(5/6)のGW最終日の名古屋にちょっとおつきあいください。無期限休養を発表した山本潤子さんのラストコンサートに行ってきました。ほんとうは1か月前の新宿で行けばよかったのですが、つい見逃してしまい、senrobataさんや友人たちの感動のレポートを拝聴してやむにやまれず、「あけぼの」や東急7910Fより優先しての名古屋行きとなりました。ま、コンサートの前にご覧のとおり、ゼロロクの赤ホキを、プチ鉄したのですが(笑)

ただ、ツアーのラストがこの日の名古屋だった、という感じで、淡々とライブが進行しました。PPMのナンバーからCCRの「雨を見たかい」、そして大塚博堂の「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」が続くあたり、そうだよなあ、学年にひとりか二人、歌とギターの上手な女の子がいたのが、あの時代だよなあ、などと高校時代の学園祭で聴いた「翼をください」を思い出していました。

「素直になりたい」から「デスティニー」も、これが最後のコンサート?という感じの終わり方でした。いわば、ふだん着、ヘッドマークなし(笑)ところが、アンコールの最初に客席に「ありがとう潤子さん」の横断幕が登場するに至って、おいおい、ここでも「ありがとう」かよ、鉄と同じだな、なんてノーテンキなことを思っていると始まったのが「卒業写真」、あとは涙、涙の大合唱となりました。

思うように声が出なくなって、休養を発表したところで、夫・俊彦さんの訃報。45年のラストにしては残酷なストーリーを淡々と受け入れられているのでしょうか。ご本人も、MCでおっしゃってました。またいつか、声が出るようになれば、皆さんとお会いしましょうと。

「赤い鳥」以来、我々の積み重ねた日々のどこかに、いつも潤子さんのあの素晴らしい歌声があったように思います。いつかきっと、この日聞けなかった「竹田の子守唄」や「回転木馬」、「水色のワゴン」を聞かせていただくのを楽しみに、今日はもう一度、静かに拍手を送りたいと思います。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
残り少ないEF66二桁番号、機会があれば
先日宇都宮で出会いました。
富士・ハヤブサなどを牽引していた姿を
思い出します。
名古屋遠征コンサート、「赤い鳥」
懐かしいです。

(^0^)

Re:ラストコンサート

EXTRAさん
ゼロロク更新機、国鉄色とは違っても、けっこうましなカラーリングで、たしかにEF66全盛期を彷彿させてくれますね。「赤い鳥」時代の名曲をYoutubeでいろいろ聞けるのは、ほんといい時代になりましたね。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR