下り最終

140315futatsui-maeyama1.jpg
上り最終「あけぼの」を見送った秋田の夜は、長屋酒場で飲んで、コンフォートホテル泊ってと、まるで2年前の「日本海」の数週間後のリンゴ編成お別れの長野と同じでした。あ、そうだ、長野のKさんは元気なのかなあ。今も白いジャパン・レガシィで走ってるのでしょうか。そういえば、鉄グルマに一時代を画したレガシィ・ツーリングワゴンのブランド名も、ついに消えゆく運命ですね。ふう~~(長嘆)

翌朝(3/15)の秋田は、曇りときどき晴れまたは吹雪。北国の季節の変わり目らしい天気となりました。今日の下り最終「あけぼの」の時変は1時間そこそこですから、無理に追っかけせず、かねてから一度は撮りたかった、前山の手前の踏切で待ち構えることにしました。秋田道が二ツ井で終わって、7号線に降りると日が出てきましたが、最後の最後まで、そんなにうまくいくとは思えません。ご覧のとおり、フル露出とはいきませんでしたが、通過20分後の吹雪を思えば、僥倖このうえない、正統ブルトレのラストカットとなりました。

そして、青森まで追いかけるには、帰りのJL1264便までの時間がありませんでした。のんびり来た道を戻って、空港のレストランで比内地鶏の親子丼で昼飯にして、昼下がりの搭乗と相成りました。機内の懐かしJ-popチャンネルを何気なく聞いていると、吉田拓郎の脂の乗り切った時期のナンバー、「春を待つ手紙」が流れてきました。

♪ ここでも春を待つ 人々に逢えるでしょう
泣きたい気持ちで 冬を越えてきた人 ♪

陣馬を越えた青森は、再び雪になったようです。春を待つ人々を乗せて、泣きたい季節を走り続けてきた列車の終焉に立ち会えた幸運を、今しみじみと噛みしめています。






テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いや~きれいですね。こちらは上りヒガジュウでもろ被りでしたぁ。

Re:下り最終

大井さん
ありがとうございます。そうですか、カブリは鉄の常ですが、心中お察しいたします。上りヒガジュウは64一般の時代に何度か行きましたが、その後は行くことがありませんでした。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR