上り最終

140314akita1.jpg
改正前日(3/14)の夜8時過ぎ、羽田からのJL1267便は小雪のやんだ秋田空港にほぼ定刻に着陸しました。明朝の「あけぼの」撮影のための秋田入り、レンタカーカウンターのお姉さんに「あけぼのですか?」と聞かれて、そうだと答えると「私もよく乗ったんですよ、とくに冬は飛行機は飛ぶ保証がないので、頼りになるんです。寂しいですよ、みんなそう言ってます」と、愛惜の情溢れる言葉が返ってきました。

「手続き急ぎますから、お気をつけて、早く行ってください」……そう言われてはじめて、小一時間後の秋田駅に、上り最終のあけぼのが入ってくることに気がつきました。お姉さん、ありがとう! 時おりまた、小雪がちらつきはじめた秋田道を安全運転で(笑)秋田駅へ向かいます。ホテルのチェックインは後でいいとして、ホテルの契約パーキングにクルマを入れるのに時間をとられ、それでも何とか10分前に先着の友人に入場券を買ってもらって、ホームに入りました。

上野と青森を結ぶ、というところにばかり気をとられていましたが、大館や能代でも、羽後本荘や鶴岡でも、今夜はにわか鉄というよりも、この夜行列車に何かを託した街の人々が、ホームに集まるのでしょうね。一昔前なら見てるだけの皆さんが、いまや全員カメラマン。あ~あ、前の女性、スマホで腕出しそうたけど、いいよ、いいよ。スマホでどんな写真撮れるんだ、いや、こっちより綺麗に撮れたりして(爆)

やがて、10分ほど遅れた上り最終の「あけぼの」が、足回りに少し雪をつけて、先頭ではセレモニーやテレビカメラの待つ4番線に入ってきました。ある方のブログで、首都圏よりも撮影で慣れ親しんだ東北で最終列車を見送りたかった、という一節がありました。私も何気にそんな思いで、この夜、秋田にやってきました。

秋田駅21時30分、喧噪のちょっと手前で、阿鼻叫喚には程遠いってところでしょうか。短い停車の後、街や駅や人々に別れを惜しむように、赤い機関車と青い客車が最後の闇に消えていきました。そういえば、日本海のときも羽後本荘でこうして見送ったなあ。明日の朝も早いけれど、今夜はやはり、ちょっと居酒屋でクールダウンしていきましょう。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

またひとつ寝台列車が定期運用から無くなって
しまいました。
あとには、機関車牽引の北斗星、カシオペア、
トワイライト、はまなすだけになってしまいました。
どちらも先が見えているのが寂しいですね。

(^o^)

Re:上り最終

EXTRAさん
仰る通り、客車列車自体が風前の灯ですね。とりわけ、はまなすが残っているのは奇跡のように思えます。チョンマゲパンタが嫌だとなど言わずに、GWあたりには久しぶりに撮りに行こうかと思う今日この頃です。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR