ライブビュー万歳?!

140308uguisudani1.jpg
尾久へ戻るPトップ先頭の編成を、後追いでデコイチ中心に狙おうと、混雑承知で鶯谷のホームに移動しました。京浜東北南行が通過する4番線には、昨日の試運転時の数倍の鉄で埋め尽くされています。こうなったら、ライブビューしかありません。隙間を見つけて立ち位置を決めたら、万歳の姿勢で手を伸ばして、何度もフレーミングを確認します。

しかし、笑ったよなあ。友人のFBコメントによると、テレビ中継で乗車していたレポーター氏、「バンザイしている人がたくさんいます!」と仰ったそうな。それ、谷中墓地の通路でライブビューで撮ってただけじゃないか(爆)ケータイを両手の上に掲げるのとも、ちょっと違うライブビューの姿勢、まだまだ一般的ではないのですね(笑)

実は私自身も、ライブビューで本気で撮るのは初めてでした。そろそろビル影が出てくる3月初旬の昼下がり、冬至を真ん中に季節を裏返すと、晩秋同様に、なかなか斜光線の美しい時期でもあります。何と「ラブホ鉄」まで出現したと言われる鶯谷界隈、ライブビューという文明の利器に感謝しつつ、去りゆくヨンキュッパ+銀河編成を見送りました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
ライブビューでの撮影御苦労さま。
レイアウトも良く綺麗に撮れましたね。
デジタルカメラのおかげでこうした撮影も
できるようになったんですね。時代が進むと
便利になります。 
全部が良いとは言いませんが、有効ある活用
したいです。

(^o^)

Re:ライブビュー

EXTRAさん
ライブビュー撮影、私も今まではせいぜい停車写真で、走行を撮ったのは初めてでした。連写ができるのも、初めて知りました(笑)技術の進歩は上手に利用したいものですが、たしかに少し寂しい面もありますね。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR