幌つき、幌なし

140216nishibata-soumoto1.jpg
上総中野から戻ってくる国鉄色キハ2連、今度はキハ28先頭を、昼前に唯一順光になるという西畑の大多喜寄りで捉えます。しかし、ここに来る前の富山では、口の悪い向きには「ジャージ」と呼ばれ高岡色を纏っていたキハ28が、どことなく引き締まった顔立ちになっていると思ったら、貫通扉に幌がついているんですね。

幌付きも今日が最終日、と撮影地で耳にして、最初何の事だかわかりませんでしたが、そうか、この貫通幌は本来キハ52に付いていたもので、小粋なファンサービスでキハ28に付け替えられていた。で、タラコへの塗装変更作業時に、元の52の貫通扉に戻されてしまうというわけですね。

この前夜には、再び、夜行列車と称して、途中駅で撮影を楽しみながら、朝までの時間を国鉄型気動車で過ごすというイベントも行なわれたとか。いやあ、T社長、やるなあ。社長ブログをあらためて読むと、そのアイデアマンぶりが窺えて、今後の展開を考えるとワクワクします。件の夜行企画がサポーター会員向けと聞いて、帰宅後、早速、サポーターに申し込んでしまったのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR