英国阿婆アヒル臨

140201fushu1.jpg
ほとんどの皆さまは、何のこっちゃ?!というタイトルですが、一部の台湾鉄の皆さま、お待たせしました。やっと行ってきました。1978年イギリス製、台湾初の電車特急EMU100型が、黄色小鴨と呼ばれる、巨大なラバーダックを川に浮かべるイベントの多客臨で奇跡の復活。年末から運転が始まり、一度は撮りたいと思いつつ、なかなか2泊3日の日程が捻り出せず、半ば出撃をあきらめていました。

ところが、行こうと思えば行けるんですね。弾丸も弾丸、1泊2日。LCCを使って、片道15000円。しかも、台北便就航開始のバニラエアの夜便なら、22時過ぎの成田発。1時に桃園空港に着いて、ま、タクシー代はかかりますが、2時過ぎには就寝、ホテルで朝飯食べて、台北郊外を行ったり来たりの電車鉄の週末となりました。

今回の運転区間(樹林~基隆)は台北を挟んでほぼ半分の区間が地下で、撮影ポイントはかなり限定されるようです。まず、朝の樹林への回送も、こうして逆光承知で捉えるしかありませんでした。先客の肩越しに撮らせていただく、その駅先端の風景は日本とまったく変わりません。おお、これが英国阿婆か! と、初めて見る台湾の名車に目をみはりながら、基隆へ向かう本列車を待ち構えるべく、折り返しの区間車で、車窓からのロケハンに入りました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR