木製ポール讃

140119tanokuraPEA-2.jpg
アイボリーの京王カラーを撮ったところで終了、のはずでしたが、帰り道に、唯一、線路の向きの変わる田野倉~禾生の区間を見て行こうと、快晴の天気のなせる業で、未練の残ること、残ること(笑)そうこうしているうちに、PEA色のフジサン特急が再び、やってくる時間となりました。

禾生と書いて、カセイと読むのか、、、難読駅のリストで見た記憶があるような、ないような。前日にネット検索で確認した、わずかな撮影ポイントには、何と、木製ポールが数本、残っていました。現地に来てから、思い出します。そういえば、皆さんのブログでも見たことがあるなあ。木製ポールか、ウン、これで行きましょう。

1987年春、国鉄最末期に登場したパノラマエクスプレスアルプスと木製ポールの組み合わせは、たとえば富士山麓の逆側、静鉄管内の東海道線でギリギリ見られたかどうかでしょうか。すでに時計の針は16時に迫り、翳り行く山影を心配しつつのワンショットになりましたが、2014年に生き続ける木製ポールが、昭和のパノラミック電車への、はなむけのアクセントになってくれました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR