南の区名札

131208nahaD51222.jpg
那覇にはもう1両の保存車両、九州は南延岡からやってきたD51222号機が現存します。沖縄返還の1972年、九州で見た蒸機の雄姿が忘れられない子供たちのために、寄付を募って海路、困難を克服して輸送された、と説明板にありました。最終配置は南延岡、今も「延」の区名札が朝日に光っていました。

「延」「宮」「吉」「鹿」……現役蒸機末期に南九州を訪れた皆さんには、美しく磨かれたカマのキャブに燦然と輝く真鍮の区名札が、今も強く脳裏に残っているのでは、と思います。複製であるかどうかはともかく、それがこうして遠く縁のない沖縄に運ばれて40年後もこうして残っていることに、深い感慨を覚えます。

そしてまた、このデコイチが鎮座する与儀公園の前の道路も、沖縄県営鉄道の線路跡をトレースしたものだといいます。次回は、ゆいレールの写真も少し撮って、空港近くの記念館にあるという、昔のナローの写真や資料も見に行きたいなあ。沖縄妄想鉄、楽しそうです。こりゃあ、来年も修行かな(爆)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR