ローリーとフィールドへ

131201neglos1.jpg
時計の針は朝7時を回って、10時過ぎの国内線でバコロドからマニラへ戻る自分には、あと1時間半しか残されていませんでした。いきなり、ヤードに留まっていた5号機が、フィールドに向かって動き始めます。あとは、昨夜の打ち合わせ通り、枝線に入る分岐点に停まっていたローリーをつないでくれるかどうか。。。

結果、ご覧のとおり、何とかなりました! いやはや、O連隊長ありがとう。幾多の困難なツアー先で、最終的には「煙出ます、出します、撮らせます」の3原則を成就させてきた経験の賜物です。サトウキビ畑の広がるフィールドの枝線にそろりそろりと推進で入っていった5号機+空車ローリー3Bが、涙が出るほど美しい朝の斜光線を浴びています。

しかし、異国の地で初めて見る、生きているボールドウィンです。これの同タイプのカマが木曽森林や丸瀬布にもほど近い温根湯で実際に走っていたわけですから、今さらながらに、その時代の日本にワープしたいなあ、と思います。タイムマシンにお願いしてもそれが叶わないのならば、あとわずか数十分、2013年のここネグロスで、思う存分撮らせていただきましょう。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR