水鏡、二水へ

130721tanaka-nisui1.jpg
玉里から台北へ、自強号で3時間半。台北で高鐵に乗り換えて、新幹線700系(?!)で1時間。何とかその日のうちに、台中のホテルへ入りました。車内ではほとんど爆睡というものの、いやはや、さすがに疲れました。翌日の集集線に禍根を残さぬよう、短い時間でもしっかり休むことにいたしましょう。

今年は毎週日曜日に運転されているDT668牽引の「南投火車好多節」。例によって大きなヘッドマークが装着されているのは、文句言っても始まりません。彰化の扇形庫で出区を撮って、二水への回送に先行する区間車に、急いで乗ります。1年ぶりの二水駅前。。。あ~~、いた! イガクリ頭の白タクドライバー! 笑顔と握手で再会を喜び合う間もなく、本線の回送を迎えに行きます。

フミキリ、オッケー、オッケー! わかってるのかどうか相変わらず不安ですが、去年と同じ踏切に到達すると、そこには無風の水鏡! すぐに、すべるようにやってきたデゴイチ先頭の回送編成、風もない、煙もない(泣)、ヘッドマークはある(笑)、でも上出来のスタートと思いましょう。二水、午前8時。曇りときどき、水鏡。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

回送は、二水午前8時頃ですか。
イガグリ頭に会うのを楽しみにしています。

RE:二水

somtamさん
いかがでしたか? 彰化の食堂も美味しそうでしたね!

No title

あれ?関西本線加太峠越えの荷レはいつからマニ37限定運用になったのでしょう…え?
などと言われたらうっかり信じてしまいそうな風景ですね。
小型のCK124ならともかく、DT650も復活させた台湾鉄路局関係各位の熱意とご尽力にはただただ感謝です。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR