白鐵仔柴油車

130707sanmin-tamari2.jpg
さて、おけいはんや東急車導入で話題の富山から、再び、台風一過の台湾へひとっ飛び……と、調べてみると、デイリーではありませんが、ちゃんとCI便があるのですね、富山から台北桃園。デゴイチの走り始めた集集線も気になりますが、非電化最後の楽園、台東を目指すのが、アマノジャク鉄たるゆえんです(笑)

すでにご報告の通り、今年末に予定される花東線の電化を前に、沿線のほとんどですでにポールの建植が進んでいます。もはや、非電化らしい写真が撮れるのは、新線への切り替えが予定された区間のみ、といってもいいほどで、ステンレスDCのDR2700や、復興号客車の長編成をポールや架線のないところで撮れるのはあと数か月、、、そう聞くと、いても立ってもいられなくなるのが我が悲しくも楽しい鉄の性であります。

白鐵仔……ステンレス君、とでも訳すのでしょうか。台湾の鉄の間でこう親しみをこめて呼ばれる、この気動車が4両編成で運用されるのは、早朝の普快4676次のみで、なおかつ面が順光になるのは後追いアングルに限られてしまいます。新線の建設が進む三民の南で、やっと、リバイバルのシルバー側を捉えることができました。

それにしても、海外に鉄に行くといっても、これまではあくまでも蒸機が基本でした。今回はついに、DCやDLを目的に、台湾に来てしまいました。そう、銀色の気動車と水色の客車が、背中を押してくれたのです。もうひとつ、荷物車の積み下ろしだったり、駅弁の立ち売りだったり、日本では見られなくなった鉄道の情景がここには残っています。相変わらず駆け足の日程ですが、自分らしくカッチリとおさえていきたいと思います。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR