ハマのシゴロク

130526kanarin-honmoku4.jpg
千歳から羽田に帰ってきて、そのまま根岸に直行しました。この日(5/26)行なわれている神奈川臨海鉄道の50周年イベントに展示されるC56139号機を見に行こう、というわけです。中央鉄道学園から神奈臨に移動して以来、なかなか実車を見る機会がない、いわば幻のカマが一般公開で展示されるのですから、これは外せません。

根岸駅からシャトルバスで15分、本牧ふ頭の倉庫街に広がるヤードは、先日(5/5)の東京貨物ターミナルのイベントに匹敵、いやもしかしたらそれ以上の鉄と家族連れで賑わっていました。撮影タイムは15分交代、というのも、事前の念入りな計画が窺えますし、2回の展示運転にわずかながら煙(もどき…笑)が出るのも、なかなかの趣向です。ま、SNSで「煙を吐いて走るSLを初めて見た!感動!」などとつぶやきがあったのには、複雑な思いがいたしましたが(笑)

倉庫をバックのサイドビューが、意外と絵になりそうでした。そこで、はたと気づいたのですが、ここヨコハマはC56とは縁深いところで、この139号機だけでなく、現在もJR西の動態保存機として活躍する160号機も横浜所属の経歴があり、このあたりの貨物駅の入換に実際に活躍していました。だから、幾年月を経た今の時代においても、どこかしっくり来る雰囲気なんですね。

それともう一つ、日頃は検修庫の奥深くしまわれているこのカマの存在は、長い間、一種の謎のヴェールに包まれていました。こうして今、一般公開での展示まで行われるようになると、まだまだ日本のどこかに、我々の知らない保存車両があるのではないかと、ついつい小さな夢を抱いてしまうのです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
こちらに訪問させていただくのは初めてです。
先日、友人から紹介され立ち寄らせていただいた大井です。どうぞよろしくお願いいたします。

確かにC56、風景に馴染んでいますね。

RE:ハマのシゴロク

大井さん
いらっしゃいませ!こちらこそ、よろしくお願いします。普通に斜め前から撮った後、ふとサイドビューを見ると、あまりにも自然でびっくりしました。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR