散り行く桜のトンネル

130413nakayoshi2.jpg
小松空港へ戻る前に、もう1か所、桜を見に行きたい場所がありました。ターゲットはJR粟津駅からほど近い、いしかわ子ども交流センター小松館なる公園施設で、園内の数100mのナローゲージを走っている、旧尾小屋鉄道のキハによる「なかよし鉄道」です。どうやら、春は桜のトンネルになるらしいと聞けば、これは帰りがけの駄賃にしなければ、鉄がすたるというものです(笑)

通常の週末は午前、午後に1回ずつの運転で、この日は15時半の午後の部に間に合いました。残念ながら、すでに桜はだいぶ散ってしまっていましたが、それでもご覧のような桃色を帯びた木々のトンネルになっていて、木漏れ日を浴びながらやってくるナローのキハは、軽便鉄道が現役だった時代を彷彿させる、素晴らしいシーンをみせてくれました。

この小さな保存鉄道は、来年で30周年を迎えるといいます。それを前に達成した乗客50万人を祝うマークが前後とサイドに装着されていました。そうか、凄いなあ。春から秋で、毎年1万人以上ですね。こう思うと、ニッポンの保存鉄道も、捨てたものではないような気がします。来年は桜の盛りの頃に訪れたいなあ、とぼんやり散り行く桜を眺めながら、福井から小松へ、桜巡りの一日が終わろうとしていました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

旧尾小屋鉄道の気動車を使った保存鉄道ですね。ここは2度訪れた事があります。と言っても1度めはこの公園の存在を知らずたまたま通りがかりにその存在を知ったもので既に黄昏時とあって公園には入れず沿道から眺めるだけでした。
2度めの時は夏の暑い盛りでしたが木陰に入ると驚くほど涼しかったのが印象的でした。
この可愛らしい愛すべき車輛達が関係各位のご尽力で地域の人々にも愛され今も元気なことを嬉しく思います。また何時の日か乗りに行きたいものですが…

Re:なかよし

青列車さん
こんなところに、こんな素晴らしい保存鉄道があるとは、、、奇跡のような場所だと思います。まさしくおっしゃる通り、地域の皆さんのご努力に結果ですね。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR