二度目の僥倖~ゼルケタールバーン

121231halts1-(2).jpg
再び、山を下りてゼルケタールバーンへ移動すると、この日(12/31)も、雲の切れ目から日が差し始めました。木組みの家や古い教会をかすめながら、小さな町を抜けていくクルマの足どりも、いつの間にか軽やかになり、あとは過度な期待をせず、平常心で桜田順光を待つばかり(笑)

こうなったら、午後の8965列車絶対順光ポイントでいきましょう。至近の踏切にクルマを停めて、直前に翳ってしまった前日のリベンジを果たそうと、編成がギリギリ巻かないように慎重にモニタで確認しながら、24時間前と同じアングルを選びます。

結果、桜田オーライでした。ドイツの高原列車、あでやかに走るってイメージの絵になりました。はい、これでもう、日本へ帰れます(爆)……と思ったところで、さらに手前でカマの顔がギラリ! 大あわてでズーミングして再び連写に集中して、ゼルケタールバーン、二度目の僥倖を堪能させていただいたのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR