春に、その名はなし

130104yamazaki-shimamoto.jpg
お約束の日独交互エントリー、今日は正月の京都に時間を戻します。やまぐち初詣号撮影翌日の朝(1/4)、北陸から雪を載せて20分遅れでやってきた、ブルトレ「日本海」最後の艶姿です。この日の百山踏切は激パと思いきや、同日運転された宮原からのマイテ回送に鉄が流れたのか、意外とのんびりとした雰囲気での遅れ待機となりました。

年末の時点で、JR東の運転現場のサイトの表記で、「きたぐに」とともに「予定臨廃止」が伝えられていた「日本海」でしたが、その後の春臨リリースに至って、この年末年始の運転が最後だったことが、あらためて現実となりました。いざこうなってみると、寂しいものです。かたや、よくぞ、多客臨でわずかでも生き残ってくれた、という気持ちもありますが。。。

いずれにせよ、関西ブルトレの歴史を紡ぎ、見守ってきたこの場所で、青い客車の通過を待つのは最後だなあ、と万感の思いで、ローズピンクの81先頭の短い編成を見送りました。そして、1970年代初頭、それはゴハチの先頭を飾っていたのですが、中学生や高校生の自分が昔、最も好きだった斜体字と波のヘッドマークにも、あらゆる思いをこめながら。ご覧のように、ファインダーの中でさえ、めまぐるしく日差しが変化する中、列車にほぼ光が当たってくれたことに、感謝の気持でいっぱいでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回で最後の「日本海」になったんですね。
昨年の冬、青森方面で雪の中を走る定期列車
撮影が懐かしいです。
時代の流れで、こうした寝台特急列車がなくなって
しまいます。

今年は、DF200が牽引する豪華列車が走り始めるので
列車牽引がなくなる中、こちらもみてみたい。

(^o^)

RE:日本海

EXTRAさん
冬の青森へは私も今回は行かずじまいで、少々悔いが残る結果となりました。いよいよブルトレは北斗星とあけぼのだけですか。時代の流れに、愕然とする今日この頃です。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR