逢坂山を越えて

121027oiwake-otani.jpg
四宮車庫での副標祭り(笑)の撮影会が終わって、603Fは再び京滋県境の逢坂山を越えて、浜大津へ戻っていきます。蝉丸法師の昔から越すに越されぬ逢坂山、ガキ鉄の時代にも最後のポール電車をハーフサイズでこのあたりを撮り歩いた記憶があり、それを彷彿させるカットをものするのが、この日の最後の課題でした。

残念ながら、予報通り、午後になったらドン曇りになりました。でも、狭いところを、京津線と国道1号線、さらに名神高速道路までが寄り添って走るこの区間、逆に曇り写真のほうが、昔からの雰囲気が出るような気がします。追分を出てすぐのところに、格好の歩道橋と踏切があり、万が一晴れることも想定して、後追いメインでカメラを構えることにしました。

やがて走り去る臨電を、逢坂山の緑をバックにゲット。副票が大津線100周年に戻っていたのがちょっと残念でしたが、ファン心理をくすぐる、細やかな気遣いに溢れたイベントだったなあ、と関係の皆様に感謝しながら、40年ぶりの京津線に、しばしの別れを告げました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR