C61秋田へ帰る

121014higashinoshiroC6120-1.jpg
今週末、奥羽本線秋田~東能代で運転される「SLあきた路号」の試運転が10/13から始まりました。矢立峠はおろか、二ツ井も通らない平坦区間、でもって架線下とくれば、食指の動かない向きも多いようですが、何といってもC61初の奥羽線への里帰りです。こういうストーリー性に弱い文科系鉄としては、気がついてみたら、日曜日(10/14)秋田行きの朝のJL便を、つい決済していました。

たしか当時、RF誌の増刊「蒸気機関車撮影地ガイド」に付いてた運用表に、秋田~東能代の間合運用があったような、、、と思ってネットで検索かけてみると、ありました、ありました。43.10当時の運用では、秋田を夜出て、東能代でマルヨ、で、朝の列車を牽いて秋田へ戻っていました。

もしかしたら当時と位置は変わってるのかもしれませんが、今回もまた東能代のターンテーブルでぐるっと一息入れて、復路への英気を養うC6120号機の姿が、雲の合い間から一瞬差し込んだ秋の陽光に照らされています。気のせいかもしれませんが、20号機、何だかいい表情をしていませんか? 高崎をベースに活躍を続ける同機ですが、現役末期の思い出深いこのあたりには、また格別の思いがあるようですね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

C61秋田に里帰りですね。
秋田行き、飛行機で駆けつけたのですね。リッチな撮影
紀行続きが楽しみです。

(^o^)

RE:C61秋田へ

EXTRAさん
動態保存蒸機の里帰り、私は大好きなパターンなんです。次回は大館や矢立峠へもお願いしたいですね。
あ、そうそう、今や航空機はリッチではなく、前日までの特割で買えば、飛行機と秋田新幹線はほぼ同額、あけぼのB寝台は両者より高い(笑)安いのは、あけぼのゴロンとシートか夜行バスになります。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR