N電レプリカ鉄?!

IMGP2428.jpg
京都では嵯峨野観光鉄道の19世紀ホールに遅まきながら初めて行って、D51603の頭だけを見てきました。その後は、山陰線に一駅乗って、太秦映画村へ。物置と化して消息不明となっていた京都市電1818号の実在を幸運にも確認し、2000円の入場料の元は何とかとりました(笑)

しかし、さすが日本映画の殿堂、東映京都撮影所です。明治の街角を模したセットのところに、N電のレプリカが鎮座しているのです。全長が半分くらい?に縮小されているようですが、いやはや、よくできています。大道具の技を磨いた撮影所ならでは、今度はカマと客車ぐらい作っていただきたい(爆)

そういえば、明治村のN電と蒸機が長期運休に入って1年以上が経過しましたが、その後の状況はどうなのでしょうか。N電は京都市内に保存例がいくつもあり、梅小路では動態運転が継続されていますが、海の向こうのアメリカにもいまだに動態保存車が走っていると聞くと驚きます。いつか行きたいなあ、阪堺から行った1800と併せて。。。

コメントの投稿

非公開コメント

大道具でも結構

時代劇ではここの「日本橋」や辻、堀端など、あ、またここか、というくらい出てきますが近代モノは撮影がないのかこのN電をTVや映画で見たことはまだありません。
昨今のCGでの時代再現もすごいとは思うもののまだ違和感を感じることもあります。
画面映えする客車や蒸機もここで造ってくれれば蒸機列車の上に架線があったり客車が12系だったりというとこもない、それっぽい絵が撮れそうですよね。
明治村のN電は風のウワサでは状況厳しいようです。

Re:レプリカ鉄

TADAさん
たしかにレプリカを作れば架線下の蒸機はなくなりますが、煙出すのは大変だなあ(笑)現実的には、客車でしょうか。明治村、厳しいのですか、、、心配です。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR