商店街と踏切と

120506togoshiginza7910F-6.jpg
五反田と蒲田ですぐに折り返してくる7910Fを、はじめはせいぜい2往復も撮れば十分だろうと思っていましたが、合間に戸越銀座の商店街を冷かしているうちに日暮れ時となり、やがてゆっくりと夜の帳が降りてきました。思い思いにゴールデンウィーク最終日を過ごす人々が、日本一長い?商店街を行き交います。

♪商店街を通り抜け 踏切渡った時だわね~♪

西島三重子が「池上線」で歌ったのは、今調べてみると終電間近の遅い時間でしたが、こうして春の遅い夕暮れ、木造駅舎のそばの踏切に立っていると、銀色の電車に赤線がないだけで、純情、臆病、直球、後悔……懐かしい昭和の青春が灯のともる街に甦ってくるような気がして、思わず泣けてきます。

通り雨もすっかりやんだようです。家まで歩いて帰っても、ここからなら小一時間でしょうか。中原街道に向かって、商店街の明かりの中を、ふらふらと歩いていくことにしました。あ、そうだ。この先にオムライスの美味い洋食屋があったな。連休最後の夜、一人で晩餐もいいかもしれないな。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR