海とキハと皿うどん

120406higashisono-okusa231D.jpg
わずかな停車のあと、波おだやかな入江をぐるりと回り込んでいった国鉄色キハ2連が、海辺をすべるように走り去っていくのが見えました。当然、こちらのアングルも、思わず奇声をあげたくなるような桜田順光です。画面を彩る桜の木があればもっといいのですが、そこまで贅沢は言えません。

ウチの近所の長崎の和食の店、ここ大村湾とは反対側の長崎市の海沿いの地名、外海(そとめ)を看板に冠しているので、若い店主もてっきりそちらの出身だと思っていました。ところがどうして、喜々津に育って、諫早の高校に通学していたとか。当ブログの更新を知らせるフェイスブックにコメントいただき、早速昨夜、その話題で飲んできました(笑)

最近、その店では、ちゃんぽんに続いて、皿うどんがメニューに加わりました。これが旨いんだなあ。もともと、ちゃんぽん&皿うどんヲタの私も、今まで食べたことないような、長崎直送の麺を使って、カマボコが彩るあんかけも微妙にスパイシー。濃口の醤油につけた刺身でビールから始めて、締めは太麺の皿うどん、これ、かなりの極楽であります。

閑話休題。諫早の高校生にとって、「長与経由」は「遅いけれど、景色がいい」(笑)、今でも思い出すのはこの海と、この線路だそうです。♪入江の向こうで 見送る人たちに 別れ告げたら 涙が出たわ~~♪と歌われたのは瀬戸内海ですが、こんな美しい海辺の町が故郷っていうのも、ちょっと羨ましいですなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR