鉄晴れなのに…

2012.2.12 巌根~袖ヶ浦 C6120
とまあ、上々の首尾に終わった内房線C61試運転でしたが、2/12に出動した本運転は、これ以上ないと思われる晴天の下、一転、アンラッキー連続の展開となりました。ま、輪廻転生、行って来い、プラマイゼロ、こんなものですね。ここでメゲていたら、長く鉄やってられません(泣笑)

DE先頭の上り列車は、試運転の時に遠く巌根あたりでC61が煙を出していたのを思い出し、ロケハンの上で、煙を出していたあたりの後追い順光アングルを探し出し、DL側を捨てて、ここ一発に賭けることにしました。ま、後から考えると、煙が見えていたのは、もう少し木更津方だったような気も(泣笑)

蒸機列車本運転の常で、通過直前まで次々と現れる地元ギャラリーの動きに悩まされながらも、何とかアングルをキープしての本列車通過……ご覧のとおりの煙スカ、ぶら下がりだから仕方ないなあ、と納得するしかありませんでした。それでも、この天気での撮影は気分が弾むもので、まさかこの先にさらなるアンラッキーが待ってるとは露知らず、蒸機本列車を待ち構えるため、まだまだ上機嫌で、場所を移動しました。

コメントの投稿

非公開コメント

一瞬

裏焼き??と思いました。本運転は人出がすごいだろうからと結局出かけませんでした。私もこのところ出かけると落し物、忘れ物が多くそのたびに凹んでいます。

鉄な凹み

TADAさん
煙が後ろに少しでも流れていれば、裏焼きに見えることもなかったのですが、、、たしかに、鉄な凹みはけっこう続くことが多く、私も何度もスランプに突入してしまったこtろがあります。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR