凍てつく河

2012.2.1 釧路~東釧路 湿原号逆重連
西へ旅立つ300系ひかりを見送った後、羽田からJL1143便で釧路へ向かいました。冬の釧路と言えば「SL冬の湿原号」です。この日(2/1)は数少ない重連運転日、それも往路が逆向き重連というレアなパターンで、週の半ばにお休みをいただいて、JASの時代から慣れ親しんだ釧路行き朝イチ便の客となりました。

ここ数年、湿原号の重連運転は、なぜか平日に設定されています。重連の時は客車を1輌減車するのがならわしですが、乗車率の高い休日に減車するのはもったいないから??……う~ん、よくわかりません。まあ、海外からの団体客も多いというこの列車ですから、東京からのサラリーマン撮り鉄の都合とは無縁なのでしょうね(笑)

着陸前のアナウンスで「釧路の気温はマイナス13度」と聞いた瞬間、身も心もキリッと引き締まりました。レンタカーをピックアップして小一時間で釧路川の鉄橋に着くと、氷で覆われた川が、逆光にキラキラと光っています。湿原号の通過は11時過ぎ、さすがに川面の氷も少し溶け始めました。ところどころで顔を出した水面に2つの影を落として、C11重連が釧路湿原へ、氷点下の道をたどっていきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR