とうてつ最後の秋 「鉄道(27071)」

とうてつ、といっても昔の東京鉄道管理局でもなく、国鉄本社内で局報売ってた書店でもなく(笑)、十和田市と三沢を結ぶローカル私鉄、十和田観光電鉄の愛称です。古い電機や東急から譲渡された電車が活躍するわずか14.5kmのこの路線には、チャーターイベントなどで何度もお邪魔していましたが、既報のとおり、来年3月末の廃止が決まっています。

南部縦貫が新幹線を待ちきれなかったのに対し、こちら十鉄は新幹線延伸開業による八戸→三沢ルートからの乗客の激減、さらに東日本大震災の影響による観光需要の減少が加わって、地元自治体からの補助も見込めず、廃止に追い込まれてしまいました。

電機や旧型電車を使ったイベントが相次いでいた11月中旬の週末、久しぶりにこの沿線を行ったり来たりしました。雪と戦う冬になると、古い車両を使ったイベントは困難になります。来春、雪が解け始めてから廃止までにはわずかの時間があるものの、最後の秋、落葉を踏みしめるように走る、彼らの姿が印象的でした。

70~80年代つか演劇の名作「寝盗られ宗介」の旅一座も、八甲田山が雪に覆われる前に、峠を越えて青森へ向かっていきました。この日(11/20)は雨の予報でしたが、昼前からどんどん日が差して、虹のアーチもかかる、好天の午後となりました。落ち葉の舞い散る停車場に~~♪(笑)、2両編成のステンレスがやってきました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR