黒煙二条 「鉄道(27071)」

篠目発車を撮影してすぐにクルマをスタートさせると、長門峡に停車中か発車直後の9521レを追い抜いて行くことになります。いや~、圧倒的多数のギャラリーの前をこちら参加することなく通過していくのは、何だか不思議な気分であります。

やまぐち号運転開始直後は、たしか長門峡の次は三谷で停車があったのでしょうか。ある時期から地福に変わって、構内外れの直線を抜けた踏切は、オーソドックスなアングルを得られる、格好の撮影ポイントになりました。

ところが、踏切の手前で煙が終わってしまうことも多く、風の悪戯にもたびたび邪魔されてしまうのが、ここの難しいところです。今回もあるときは煙が手前に倒れ、またあるときは先頭のシゴナナの、その翌日は次位のシゴロクの煙が薄かったりで、リベンジを最終日に託す結果となっていました。

踏切からはよく見えないのですが、篠目と同じように乗客が客車に戻って、長い汽笛が山と山の間の平野部に響いて、二つの黒煙が立ち上ります。よ~し、そのまま、そのまま……幸いにして風もないようです。やがて縦二条のまま、ファインダーを煙が横切るとすぐ、最後のポイント・徳佐に向けて、こちらもラストスパート(笑)に入ります。

コメントの投稿

非公開コメント

Re:黒煙二条(10/21)

今は地福駅の停車時間は5分程度ですが運転開始当初は確か30分位の「バカ停」でした(^^);地福~鍋倉~徳佐と連続停車することもあって普段なら地福~徳佐の追っかけも不可能ではありませんが、重連+ネタ客車だと渋滞が激しくなるので移動も大変だったのでは?
(一昨年のシルバーウィーク岡サロ重連時には丁度高速千円乗り放題もあってか他府県ナンバーのオンパレード、地福発車撮影後徳佐に向かったら宇津根踏切手前で大混雑に遭遇し立ち往生、撮れなかったばかりか三脚組の邪魔になってしまう大失態でした…)

Re:黒煙二条(10/21)

青列車さん
すみません、ポイントのみで失礼します(笑)地福に早めに着いて、踏切を渡った山側に車を止めるのが第1のポイント。国道へ出ずに、山裾の道で徳佐へ。着いたら、迷わずに必ず一番後ろにクルマを止めて、あとは走っていくのが第2のポイントです(爆)

Re:黒煙二条(10/21)

良い具合に2両とも煙が出て、これぞ重連って感じですね!ここから徳佐までラストスパートとは、まさしく忍者技!?(笑)今年の正月は間に合いましたが、この季節はいろいろと・・・があり、気をつけましょう。(爆)

C571のこと

昨日NHK-BSで「C571よ永遠に」の再放送があったので録画して見ました。
このカマは2度も存亡の危機に曝されながら、生き残り、そして2005年に大修理をして、元気な姿に戻ったんですね。
色々な方の思い入れが詰まったC571は、本当に永遠であって欲しいですね。

Re:黒煙二条(10/21)

somtamさん
山口線沿線は、けっこう速度取締に遭遇することも多く、私もいつも細心の注意を払っています。地福~徳佐はいつも、間にあえばラッキー、間に合わなくてもともと、という気持ちが肝要かと思います。
枯れ鉄さん
昔の急行日本海事故と、阪神大震災時の鷹取での被災ですね。広い意味ではもうひとつ、京阪100年号事故も含まれるのかもしれません。幾多の苦難を乗り越えて走るC571号機は、もはや不死鳥クラスではなく、神の域に達していると私は思います。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR