まっとう 「鉄道(27071)」

しかしこの歳になっても、思い込みとか思い違いがあるもので、工場のある北陸の松任、てっきり、まつとうと読むのだとずっと思っていたら、まっとう、とスキップするのですね(笑)先日(8/21)の工場公開に行って、初めて気がついた次第です。。。

引退からすでに久しいキハ28・58が展示されるらしい、という事前情報に、当日朝、思い切って出動を決めました。ま、ダメならダメで、一度も行ったことのない、伝統の工場の公開です。それなりのお宝公開はあるだろうと、小松から松任へ、ローカル電車に揺られていきました。

結論。ギャンブル成功せり(笑)工場ほぼ中央の屋外スペースに、懐かしい急行色の28・58が、飛越線当時の2両ユニットのままで、やや色褪せた姿を横たえていました。車籍はまだあるのかわかりませんが、もうここにしかない、現役の急行色です。時まさに、おわら臨の運転が迫る頃、あれから1年経ったのだなあ、とついついつぶやきが詠嘆調になってしまいます。

さらに奥に行くと、糸魚川の52で、ひとりここに残されたタラコも展示され、これまた大糸線時代の思い出に浸ることができました。解体作業場には、使命を終えた食パン電車の哀れな姿がありましたが、昔の栄華を偲ぶ何かがどこかにあるはずと、こじんまりした資料館も、帰りがけに見に行くことにしました。

コメントの投稿

非公開コメント

Re:まっとう(09/04)

かつては当たり前のように存在したキハ58系、幾度となくお世話になりました。この一族が走らなかった路線を探した方が早い位全国津々浦々(キハ56・キハ57系も含めれば全国制覇!)にいましたね。それだけに今はもう見られないと言う事がピンときません(^^);
どんな支線区も急行運転線区に出来た偉大なる功労「車」に改めて拍手を送ります。

Re:まっとう(09/04)

青列車さん
私も、キハ58・28がもうどこにも走っていないという事実が、いまだに信じられない気がします。最後に撮ったのが震災直前の富山だったので、何やら時間の断層を感じたりもしてしまいます。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR