隼人駅発車、1972年夏 「鉄道(27071)」

枯れ鉄さんのところへしばらくお伺いしていなかったら、70年代日豊本線、撮影場所当てクイズなんていう楽しい企画が実施されていました。すでに、佐倉さんがご名答を出されていましたが、隼人駅に進入するC5557牽引客車列車、いいもの見せてもらいました。

豊肥本線から高千穂への一日を枯れ鉄さんとご一緒した、1972年夏の九州撮影旅行はすでに何度かご紹介していますが、私も隼人駅ではけっこうたくさんのカットを押さえていました。残念ながらC5557号機は会えませんでしたが、もう1両のC55、52号機をはじめ、門デフのC57151号機、標準デフの182号機など、肥薩線に入る吉松のカマを効率的に撮ろうとしたようです。

たしか、夕方に吉松方面へ向かう列車が連続して発車したように記憶しています。猛暑の夏、流れる汗に耐えかねて、沿線撮影をあきらめ、駅停車や発車撮影を繰り返したのでしょう。今となってみると、変に凝った走行写真より、ちゃんとした記録になっていて、これはこれで良かったと思う今日この頃です(爆)

コメントの投稿

非公開コメント

うぅ151号機

コラボ、ありがとうございます。
佐倉さんは行ったことがないのに、正解をだすという神業でした^^
さて、151号機は枯れ鉄の大好きなカマの一つ。
残念ながら、このカマとは都城発の1122レで出会っただけで、バルブ撮影のみ。
走行中の勇姿を見たかったなぁ。

ウラヤマシス

こんにちは。

皆さん、リアルで行っている方ばかりで何と羨ましい事でしょうか。
C55、C57、贅沢な話です。
ただ・・・佐倉師匠のところでageられてしまいましたが、
実は蒸機よりDF50が好きでして(大汗)
あ、文鎮よりは蒸機の方が好きですよ(激汗)

C57の151号機

 流石に昔から隙のない構図でキッチリと撮影されていますね。
 腕木信号機、駅の跨線橋、線路脇の平屋(国鉄の官舎が多かった?)や置かれたレールなど、当時を鮮明に思い出させてくれます。

 この罐、私が撮った時には緑ナンバーでした。(1973年8月)
 デフのステーが坂道の真ん中から立ち上がっていて、遠目にも他の罐と直ぐに区別出来ましたね。
 C5557に負けず劣らず美しい罐でした。
 

Re:C57151号機(06/09)

枯れ鉄さん
しかし、C5557を北九州、南九州の両方で撮られているのですから、羨ましい限り。C57151なんて、小さい、小さい(笑)逆に、1122レバルブも羨ましく…この手の話はほんとうに、きりがないですなあ(爆)
高崎吾郎さん
蒸機を撮りに行ってるのですから仕方ありませんが、DF50、さらにDD51を、どうしてもっとちゃんと撮っておかなかったのか、後悔ばかりの人生です(笑)ま、でも、それが楽しいんですよね。
佐倉さん
アングルは偶然です(笑)もっと、ヘタッピなのが山のようにあります(爆)おっしゃるとおり、151号機はステーの形状が独特でした。たしか熊本の秘蔵っ子というべきC57が、吉松へ転属したもので、緑ナンバーは熊本時代の名残と何かで読んだ記憶があります。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR