上野尻暮色 2 「鉄道(27071)」

いつもの「十文字」とは別の店で喜多方ラーメンにしたのですが、実は喜多方の味噌ラーメン、初めてでした。縮れ麺と味噌スープの相性はどうか、かなり心配だったのですが、実はこれがなかなか。たまには飛び道具にも、当たりがあるものですなあ(笑)

しかし、ヘッドマークなしの試運転、そのほとんどが平日に行なわれるため、磐西にしろ只見、陸東にしろ、ほとんど出動がかないませんでした。それが今回は週末に施行、499スタイルの非電化走行を思わず堪能させていただくことになりました。

残念ながら、曇り基本の空模様となってしまいましたが、最初の舞台田から、DDタキ臨貨のときの斜光線よもう一度と、追っかけの流れに乗って、上野尻の陸橋をめざします。多くの鉄車がさらに先の日出谷や鹿瀬をめざして通過するなか、陸橋の先で車を停めました。

ああ、そういえば、加太の大築堤の手前のあたりは、こんな感じじゃなかったのかなあ……遠くの雪山を鈴鹿山地にたとえるのはさすがに無理がありすぎますが(笑)、おだやかな斜光線を微妙に受けながら、すっかり重装備が板についたヨンキュッパが、西会津の山河に溶け込んでいました。

コメントの投稿

非公開コメント

後藤デフ

499の現役を知らない私はどうしてもこれを見ると
前進のハイデフを連想してしまうんです。
ばんもののハコが旧塗装ならイメージがより近いかも知れませんね。

貨物列車は無理か

基本的に客を乗せるのが主ですから、このカマに貨物を牽かせることは、ありえない話ですよね。
でも、牽いて欲しいなぁ、雑貨物。
よくばりなお願いです(笑)

Re:後藤デフ(04/29)

JZX81さん
たしかに、私も中国でハイデフを初めて見たとき、499を思い出しました。あと、後藤デフと長工デフを掛け合わせたようなものかな、とも思いました。出自のまったく違う日中のカマをそうしてたとえるのも変な話ですが面白いですね。
枯れ鉄さん
すみません、お気持はよくわかりますが、無理です、ありえません(笑)ホキ+チキの工臨なら、旅客会社の車両ですので、可能性はゼロではないかもしれませんね。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR