春を待っていたかのように

雪が溶けて川になって流れていって、春一番が掃除したてのサッシの窓にほこりの渦を踊らせて、、、キャンディーズの歌は、私には何だかいちばん春のイメージがします。そうか、もう30年も自分は、今年も春一番が…というニュースを聞くと、鼻唄で「微笑がえし」を歌っているのか、と思うと、時の流れの速さにあらためて驚きます。

すでに皆さんの鉄ブログでも、78年4月、何をしていたかが綴られていますが、私は大学4年になったばかり、休鉄中でEF58の「銀河」の運用や大窓人気も知らず、お寺や仏像見学のサークルも引退して、秋から始まる就職活動を前に、のほほんとした大学生活を過ごしていました。

吉祥寺から阿佐ヶ谷に引っ越して間もなくだったでしょうか。一人暮らしをしなかったら、ほこりの渦ってのはわからなかったなあ、なんてキャンディーズの解散コンサートの映像をテレビで見て、横の同級生のM君がチケットがとれなかったことを何度も何度も悔やんでいたのが、リアルタイムだったのかどうかも、今は、まるで青春の思い出そのものです。

その後、再結成の噂もほとんど流れなかったキャンディーズ。それでも、いつか3人が揃ってテレビ番組に出演して、実際に踊ったり歌ったりはないけれど、昔の映像をモニターで見つめている、そんな日が来るのではと心ひそかに期待していました。

先ほど、ニュースで今日の葬儀で流された田中好子さんのメッセージを聞いて、きっと彼女は今年も春を待っていたのだなあ、被災地に咲く遅い桜さえも、待っていたかのように旅立ったように、私には思えました。合掌。さらば、僕らのアイドルの時代。

コメントの投稿

非公開コメント

Re:春を待っていたかのように(04/25)

田中好子さん、ご冥福をお祈り致します。
78年の春頃は、よく播但線にDD54を追っかけに行っていました。ついこの前にような気がします。
それにしても、あまりにも早く逝ってしまい、残念で寂しいです。

ところで、磐西臨貨のレポート、いつも楽しく拝見させて頂きました。お疲れ様でした。しかし、全てが重たく感じました。

春だし、たまには福知山線にも遊びに来て下さい。
こうのとりも可愛いですよ。

Re:春を待っていたかのように(04/25)

somtamさん
そうですか、78年当時、播但線のDD54ですか、今思えば、行きたかったなあ、、、磐西臨貨は終わりましたが、D51が始まり、早速行ってきました。福知山線の国鉄色電車特急、ぜひ一度お伺いしたいと思っているのですが、このGWは難しそうです。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR