これは、渋すぎる 「鉄道(27071)」

どうやら、お立ち台があるらしい、とGontaさんから情報が入ったのは、数日前のことでした。ほとんど開けたところがなく、森の中を縫うように走るここ明治村の蒸気鉄道。そのお立ち台も、行ってみると終日日陰で、桜田順光など望むべくもありません。。。

カマに完全に光の当たった写真をゲットするには、始終点の両方にある転車台を狙うしかなさそうです。お立ち台で会った鍋屋町さんたちから、午後の早い時間の始発駅が狙い目と教えていただきました。それにしても、ばけぺんさんからコメントいただきましたが、明治村がまったく鉄法か羅城かどこかのようで(爆)

その豪華メンバーが、そのまま転車台見物スペースに移動し、ゆっくりと回転する明治の蒸機の、わずかなギラリを待ち構えます。すでに手前には建物の影が伸びてきて、この光線状態もそう長くはないことが窺えます。サイドのクラシカルな切り抜きナンバーがキラッと光って、短い冬のドラマは最高潮を迎えました。

コメントの投稿

非公開コメント

Re:これは、渋すぎる(12/14)

ここ一発のナイスなショット。明治村の蒸気は頭にありませんでしたが、再開されれば、ぜひ訪れたいです。ところで、ばけべん様のブログを拝見しました。懐かしいタイの風景に感動でした。

Re:これは、渋すぎる(12/14)

somtamさん
ありがとうございます。名鉄の技術力を結集して、必ずや再開されるものと信じましょう。ばけペンさんのブログ、タイの話は私も楽しませていただきました。タイにいらっしゃったことがあるのですね。私は未訪の国で、機会があらばと思っているのですが、果たせていません。

ばけぺん様

いただいたコメントを修正のうえ、12/15のエントリーのほうにアップしてあります。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR