秩鉄でギラリといえば 「鉄道(27071)」

皆野から16マイル(=26km)、熊谷方面に戻った武川は、この季節、晴れれば日没寸前に世にも美しいギラリに遭遇する、秩鉄きっての夕陽の名所として、鉄の間で知られています。この日(11/23)は私も、雲の合い間に出たり入ったりする太陽にやきもきしながら、ギラリに賭けようと決定、駅からの短いアプローチを急ぎました。

門デフK-9よ、空へ飛べ!……狙いは同じなのでしょうか。すでにアングルを低くして、先客の皆さんが待機しています。今日は並行する公道に駐車車両があって、どうも編成写真は困難なようで、背後の住宅の処理に迷いながら、やや正面がちにファインダーを決めました。

しかし、枯れ鉄さんと一緒に九州へ行った時代、夕方のギラリとか、門デフを空に抜くとか、考えたこともありませんでした。やっと手に入れた一眼レフで、それでも当時の雑誌の写真をお手本に、標準と135mmだけで、ああだこうだ考えながら撮っていた。それが今は、デジタルで感度を調節して、明るいズームレンズを駆使している。いい時代になったものです。

もしかしたら、このとき、年内の鉄な運をすべて使い果たしたのかもしれません。武川進入の汽笛が聞こえるとともに、キーンと夕陽が光り始めました。そのまま、そのまま!、、、その願いどおりにサイドを輝かせた112号機、もとい363号機のK-9が、夕焼けの空へ飛び立っていきました。

コメントの投稿

非公開コメント

大きめK-9?

このK-9は、ボイラー径に比して、やや大きめに感じます(デフのカットラインがやや下か)。C58のを見た記憶がないので、C58だとこのくらいの大きさなのかな?
やや下目からのほうが、スマートに見えるような。

決まりですね

思わずC58112が来た!と(笑)口から出掛かる。
美しいですね。来年もこのK-9もとい112もどき(爆)
装備してほしいものです。

Re:K-9(12/04)

枯れ鉄さん
1枚だけ撮っていたC58112号機の写真を見ると、今回のデフと比べて……う~ん、どちらかが大きいとはみえないようです。それと、K-7もK-9も、門デフは仰ぎ見る角度のほうが、写真にはまとめやすいようですね。
Myoldsteamerさん
はい、私もリベンジを果たさなければならないカットがいくつもあるので、来年もぜひ、装備してほしいところです。それに、今回嬉しかったのは、11月は形式なしのナンバープレートです。ぜひまた、この形態でお願いしたいですね。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR