ばんだい55号の幻 「鉄道(27070)」

日曜帰りの渋滞を避けて磐越道へ踵を返したS屋さん、A井さんと別れて、会津若松行きの気動車に乗りました。やっぱりここ、向いてないなあ、自分も帰ろう……地元の食材がてんこ盛りになった会津川口の臨時駅弁(笑)に舌鼓を打ったあとは、時おり顔を出す日差しにまどろむしかありません。。。

会津坂下まで戻ってきて、列車は会津盆地に入りました。件の40年前の「ばんだい55号」を今調べてみると、会津坂下発20時20分ですから、すっかりとばりの降りた会津盆地を、C11が白い息を吐きながら走っていったのでしょう。さぞかし、幻想的な風景だっただろうなあと思うと、ふと、次の駅で降りたくなりました。

姥堂あたりの磐西線と違って、山がかなりの遠景になってしまい、山の稜線をバックに撮るのはけっこうつらそうです。それでも、探せばごく普通に撮れるところがあるだろう、と結局は次の駅の手前まで、正しい歩き鉄によるロケハンになってしまい、、、疲れたなあ(爆)

2010年の蒸気列車の通過は16時を過ぎ、ただのドン曇りの空に、かすかな白煙が溶けてしまうという、予想通りの事態となりました。それでも、ライトを輝かせてやってくるC11の姿に、昔日の蒸気急行の幻が見えたような気がしました。

コメントの投稿

非公開コメント

もう一つの会津

鉄橋を渡るC11の姿も、会津の絵ですが、のどかな田園を走るC11も、なかなかどうして、会津らしい風景かと思います。

向き不向き

ん~・・・
巨匠にも不向きな場所ってあるんですか。
いつも何処でもカチッと決めてしまいますから流石違うと
思っていたのですが。
でもここ、長閑な会津平って雰囲気が出ていてイイじゃないですか。
姥堂とは違った魅力が出ていていいと思いますよ。

ところで川口の臨時駅弁は例の有名食堂のカツロールですか??

歩き鉄

歩き鉄は原点といえば原点ですが、まあ体力との相談
ですね・・・。私は枕木の上を歩いているだけで結構
うれしいタイプなので(笑)。歩き鉄を混ぜないと
鉄道趣味をまた(爆)捨てたりして。

Re:会津盆地(11/05)

枯れ鉄さん
はい、そうなんですが、絵にするのがなかなか難しい。今回はデジカメの力を借りたドン曇り写真に終わりましたが、今度はぜひ、天気の良い時に挑戦してみたいものです。
JZX81さん
ここでも、一応カチッと決まるんですが、どこか物足りない……私が未熟なのと、只見が奥深いのと、両方かなあ(笑)会津盆地のごく普通の雰囲気は、来年の春、日の長いときに挑戦しようかどうか、、、また、そのときの気分にします(爆)
MyoldSteamerさん
歩き鉄はたまにやると新鮮ですが、40年前ほどの体力がないのが残念なところです。あ、そうそう、枕木歩くのは昔の思い出にとっておいて、今はぜひ、並行した道路を歩いてください。はい、お願いしますね。

会津川口の臨時駅弁

JZX81さん
田舎風幕の内、という感じの折り詰め弁当でした。素朴な味がなかなかでしたよ。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR