九州ブルトレも最終章へ 「鉄道(27070)」

9月最後の週末に福岡に行ったのは、ED76三重連+ブルトレ客車4輌という、模型みたいな編成をついつい見たくなってしまい(笑)、邪道と知りつつのネタ鉄でした。いやあ、よかったなあ(爆)やはり、行ってみないことには、何も始まらないというわけで。。。

「富士ぶさ」の廃止からすでに1年半、イベント用で活躍を続けてきた九州の14系寝台にも、最終章が近づいています。すでに、11月下旬の「さくら」「富士」最終運転がリリースされていますが、逆に思えば、よくここまで残ったものですね。

そして、牽引機のED76も、11月が最後の舞台になりそうだとの噂で、東のEF81同様、「これはなくならないよなあ」とあさはかにも思っていたカマたちの運命がまた、窮まりつつあります。

九州伝統の丸みを帯びたヘッドマークが、三重連の先頭を飾りました。三重連といっても、次機、次次機のパンタが下がっていたのが残念でしたが、「あさかぜ」なんてもうずいぶん昔みたいだなあ、と複雑な時間旅行のひととき、悪くありませんでした。

コメントの投稿

非公開コメント

Re:九州ブルトレも最終章へ(10/22)

関西のガキ鉄にとって、東京駅発着のブルトレは憧れの存在でしたが、通るのが、深夜から早朝にかけてだった為、遠い存在でもありました。

Re:九州ブルトレも最終章へ(10/22)

somtamさん
おっしゃるとおり、私もガキの頃、あさかぜや富士は見たことがなく、初めて見たのは、受験で東京に行ったときの、品川に居並ぶ客車でした。それだけに、遠い遠いスター、という印象でしたねえ(遠い目)

Re:九州ブルトレも最終章へ(10/22)

都合さえ付けば是非行ってみたかったですね。「あさかぜ」はガキの頃から最も憧れた存在でした。大人になったら東京へ出て、盆暮れ正月にはあさかぜで帰省するのだ!と思っていました。生憎ナロネ20やナロ20も入っていた頃は利用出来ず、20系時代は1度のみ、頻繁に利用したのは25型になってからです。何時の日か再びこの栄光の愛称が鉄路に戻ってくることを未だに夢見ています。

Re:九州ブルトレも最終章へ(10/22)

青列車さん
その昔、山陽路の特急の代表だった「あさかぜ」でしたが、よく利用される機会があったのですね。「さくら」や「みずほ」が新幹線の愛称で復活する時代、いつか、豪華夜行列車の愛称に復活を願いたいですね。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR