パブリック・フットパス 「鉄道(27070)」

旅の最後に、世界初の標準軌の保存鉄道として名を馳せるBiuebell Railwayに向かいました。ここは保存蒸機だけで30輌という、イギリスでも有数の煙の天国だけあって、この写真の34053号機のように、流線形を普通形に戻したカマまで見られます。

日本で言えば、C5530号機なのでしょうが、キャブだけに面影が残っているという感じではなく、またイギリスでは珍しいボックス動輪を見ていると、C55だかC57だかわからなくなってしまいます、、、関係ないか(爆)

もしかしたら、今回の写真、上から撮ったものが多いのにお気づきでしょうか。我々も現地に向かう前は、なぜオーバークロスからの写真が多いのか、どうも合点がいかなかったのですが、すぐにその理由がわかりました。はい、線路に近づいて撮れないのです。それに、踏切というものが、ほとんどない。。。

唯一、平地写真を撮れるのが、パブリックフットパスと呼ばれる散歩道です。が、慣れない向きには、どこまでがパブリックで、どこからがプライベートなのか、皆目見当がつきません。Biuebell Railwayでわずかに許されたフットパスで、雨上がりの美しい白煙をキャッチできたのは、幸運以外の何ものでもありませんでした。

コメントの投稿

非公開コメント

Re:パブリック・フットパス(09/16)

保存蒸気だけで30輌というのは凄いです。今までの写真は、上から撮影したものが多いとは思っていましたが、そういうことだったのですね。海外での撮影の時、撮影以外にその国の、その町の普通の食堂へ行き、アルコールを飲みながら食事をするのも、楽しみにしています。イギリスへは行ったことがありませんが、パブがよさそうですね。(笑)

Re:パブリック・フットパス(09/16)

somtamさん
おお、海外各地のローカルな食事と酒、ほんとにいいですよね。イギリスはカレーなどインド料理も美味しかったです。いつか、どこかでご一緒したいものですね。手始めに、京都か大阪で、近いうちにお願いします。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR