流線形'10 「鉄道(27070)」

その前の土曜日に、久しぶりにパンタの上がったEF55を高崎で見たのは、何かの前触れだったのかもしれません。ロンドン郊外をかすめながら、イングランド南西部のドゥーセット州ウェアハムまでの4時間のドライブは、慣れないラウンドアバウトにビビりながら私が運転(笑)、翌朝(8/3)いきなり、流線形パシフィック34070号機に遭遇する幸運に恵まれました。

ここSwanage Railwayも、古きイギリスを再現したテーマパークとなっていますが、今日はもう、そんなことはどうでもいい気持です。ガキの頃、キネ旬「蒸気機関車」の粒子ザラザラの明石操車場のC5343、あるいは「記録写真 蒸気機関車」のああ不朽の西尾写真でしか見たことなかった、流線形の蒸機を、この年になって初めて撮ったのですから。

そういえば、「流改」の生き残りで有名だった旭川のC5530号機も、南稚内で入換を撮ったことがあるだけで、走行写真を撮ろうと勇躍歩いていった丘の上、いつまでたってもC55は来ない……線路を天北線と間違えていたというおバカな高校1年生でしたが(爆)

グリーンのカマが浴びる朝の斜光線というのも、もちろん初めてです。そして、こんなにデカいサイドエンブレムも、曲線しかないキャブから顔を出す乗務員なんていうのも。まだまだ、世界は広い、鉄は奥が深い。急いで跨線橋を降りて、停車中のカマに近づいてからも、ただただ震えながら、シャッターを切り続けました。







コメントの投稿

非公開コメント

流線形

夢のような話ですね。
私の、父や母が「昔は流線形が走っていた」というのを、その昔、よく聞きました。でも、私らのころには、写真か模型しかなかったし、現実に見た気分は想像を絶します。
旭川のC5530は私も、名寄の給水しか写真がありません(笑)

サブタイ

ユーミン入ってません?(笑)

鉄道発祥の地は何事も進んでいるのですね。
踏切内立ち入りで送検喰らうような香ばしい奴は
いないんでしょうね。
日本は何時になったら大人の趣味になるのでしょうね。

Re:流線形'10(08/12)

私はC5530が動いている姿すら、誌上でしか知りません。流線形のカマが動いている、いや動かしているなんて、さすが鉄道発祥の地、まさに奥が深いですね。

Re:流線形(08/12)

枯れ鉄さん
私もガキの頃、もと梅小路にお勤めのご近所の方からC5343の写真を見せていただいて、驚愕しました。現実に見ることがあろうとは、ずっと夢にも思っていませんでした。
JZX81さん
はい、ユーミンそのものです(爆)大人の趣味は趣味なんですが、沿線における撮影の不便さは、日本とは大違いで、子どもの趣味でもいいのかなあ、と思う瞬間もないわけではありませんでした(笑)
somtamさん
日本のC55も整備上の不便さが嫌われて、流線カバーをはずされたと昔何かで読んだことがありますが、まさにこの21世紀において、こんな面倒なものを本気で走らせているところに、イギリスの鉄道の奥深さがあるのでしょうね。あ、同型で流線を外したカマも動態保存されていて、あとでそれもご紹介する予定です。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR