ギラリはならず 「鉄道(27070)」

日の長い季節、磐西の追っかけのラストは、やはりここ馬下でキメるのが当然でしょう、といつもの田圃のポイントにやってきました。デイテン重連のサイドギラリと、さんざん迷った挙句に、踏切そばからの素直なシチサンアングルを選びます。

シゴナナ相手のときも、なかなか満足なギラリが得られないこの場所、今回もまた、通過数分前に雲が登場し、みるみるうちに、18時過ぎの露出が落ちてしまい、迎える20数人の勇士たちの、がっかりした嘆声が、あちこちから聞こえてきました。

この場所では、偶然、三脚を並べること本日3度目のかたに、またまた隣にお邪魔させていただきました。不思議なことに、画面のバランスの趣味が合う方がこうしていらっしゃる経験は、昔からよくあります。お名前も存じませんが、すっかり戦友気分で撮影後、苦笑いでお礼を言って、終了しました。クルマに戻るとき、モニタで確認すると、ギラリはならずとも、まず満足! これは、新潟でビール一杯飲ってから新幹線ですなあ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR