残照、そして惜別 「鉄道(27069)」

大糸線のキハ52も、先週金曜の12日、定期運用の最終日を迎えました。この日の糸魚川の予報は晴れでしたが、夕刻にはおおかたの場所で雲が出てしまい、よほど日頃の行ないの良い方のみ、最後の残照を味わえたようです。

今も思い出す2月の日曜日。にわかキハフリークにとっては幸運すぎる終日快晴も、夕方の頸城大野で静かに暮れようとしていました。すでに定番の踏切に光は当たっておらず、一時はあきらめムードになりましたが、国道方の山の端に夕陽がまだ見え隠れしているのをGontaさんが発見、まだ日の当たる場所を探すことにしました。

通過まであと数分、まさにその、あと数分だけ日が当たりそうな場所が見つかり、大急ぎでアングルを選びます。そして、キハよ早く来い!と祈る間もなく、国鉄色のツートンを輝かせたキハ52115が、カンバスに仕上げの一筆を挿すがごとくにやってきました。

今週末の3連さよなら運転が終わると、国鉄色の115は保存先の津山へ回送され、早くも今月末のイベントに参加するようです。残る2輌は、夏までにイベント運転が新たに何度か計画され、あきらめていた桜や新緑との邂逅も可能性が出てきました。改正とともに奇妙な報道の嵐も去って、大糸線の春、キハ52との惜別をじっくり味わいたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

起死回生でした

このカットの直前、北小谷の数分差で夕陽ギラリを逃した落胆ムードを一気に取り返す逆転打でしたね。
最後まで諦めない、品川さんのニワカとは思えないキハへの熱い思いに頭が下がる思いでした。

Re:起死回生でした(03/15)

Gontaさん
この日は、年に一度か二度の好天で、素晴らしい一日をご一緒でき、ほんとうにありがとうございました。ま、この日だけのことではありませんが(爆)にわかキハを始めてまだあまり経たないのに、早くも対象のボロキハがどんどん少なくなり、途方に暮れながらも、残存キハに集中したいと思う今日この頃です。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR