日没の電廠発車 「鉄道(27069)」

皆さんから阪急6300系への愛惜溢れるコメントをいただき、ますます特急運用からの撤退が名残り惜しいところですが、今日から仕事始め、いつまでも初詣気分ではいられません。年末の中国山東省へ、再び、ひとっ飛びといかせていただきます。

昔、前進型が活躍した国鉄線や地方鉄路の多くには、デルタ線があって方向転換を容易に行なっていましたが、短距離の専用線となると、片道はテンダ・ファーストになってしまうのが、撮影時の悩みの種で、訪問日程と運用判明後の判断によって、成果にはかなりの運不運が左右してしまいます。

今回も、午後のいい時間、しかも晴れてるのにバック運転という不運に見舞われました。で、当然、折り返しの正向きを場所を選んで待つわけですが、これが、いつ来るかわからない。抜群のサイドライト、ギラリ必定の状態で「もうそろそろ来てくれ~」と祈ったのですが、、、

すっかり日が暮れて、もう撤収か、と思ったところで、彼方の発電所に煙が上がりました。ま、デジタルですから、無理やり撮りましょう。撮影時間帯を朝な夕な思い切り広げたのも、デジカメの大きな功績ですね。C社やN社の最新機ならもっとノイズが少ないのでしょうが、我がK-7も何とか、ここまで頑張ってくれました。

コメントの投稿

非公開コメント

Re:日没の電廠発車(01/05)

そうですね、昨今のデジカメの威力発揮というところでしょうかぁ。中国で「これが、いつ来るかわからない。」いつも一人で中国鉄をしている私にとっては、身にしみるフレーズです。

Re:日没の電廠発車(01/05)

somtamさん
いつくるか、わからない、、、これは中国鉄の宿命ですね。今回はまだ、寒風吹きすさぶ山の上とかではなかったので良かったのですが、私もさまざまな場所で身にしみる経験があります。一人ではなおさら、ですよね。私も何度か、もう帰りたくなりました(笑)
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR